ブレイキングダウン

ブレイキングダウン6オーデション出場者まとめ!過去最高にヤバかった!

いよいよブレイキングダウン6のオーディションyoutube動画が盛り上がっていますね。

朝倉未来によると、10月4日に行われた今回オーデションは「過去最高にヤバかった」そうなんです!

今回は初回からひな壇の選手に喧嘩を売る選手が続出し大荒れ、オーデションがドキドキが止まりません。

この記事は、今までのブレイキングダウン1-5を見てきた筆者が、オーデションの配信日ごとに、その状況をライブ感覚でまとめていきます。

目次

ブレイキングダウン6オーデション第5回配信分(10月24日)【速報】

さて、いよいよオーデション配信最終日ですね。早速まとめていきます。

J group(ライト級)

まず一人目は、YouTuberの田中・エドワード・勇治です。

なんでも、今人生一番の危機のようで半グレに追われているそうなんです。

そんな、エドワード・勇治が指名したのは、朝倉未来メンバードの吉田たくやでした。

突然始まったスパーリング

その場でスパーリングが始まり、エドワード・勇治の本気が分かった吉田たくやが、本戦で対決すると宣言。対戦カードが決まりました。

吉田たくや vs エドワード・勇治

さらに、ひな弾から第5回に出場したてるが、同じく朝倉未来メンバーの佐々木大(ヒロ)を指名。佐々木大のそれを受け入れ、対戦が決定しました。

佐々木大 vs てる

ここでいよいよ瓜田純士が動きます。

きっかけは、ラッパーの梵頭の一言でした。

殺すとか、さらうとか言ってさらってもいねえし、殺してもいない人たちばっかなんで。普段はラップばっかしているですけど、喧嘩もできるんで。

これに答えたのが瓜田純士です。

瓜田純士

おまえの一言が気になってんだよ。煽ってんの?

すると、瓜田純士はバン仲村に向かって、

瓜田純士

バンちゃん(試合を)お預けにしてもいい?

バン仲村

俺が必ずやることは決まってるし、世の中が許さねから

と、おそらく第6回で対戦が決まっていたかのような発言ですね。

これで瓜田純士の対戦カードが決定しました。

瓜田純士 vs 梵頭

瓜田純士さんのついてに詳しい記事はこちらに

続いて、また色物のYouTuberです。

なんと、茨木県から32歳独身、バツ2、シングルファザー、借金4000万、ここ一旗揚げて、キャバ嬢とど同伴、アフターしたいです!とん元気に自己紹介。

会場も笑いに包まれる中、久保田覚を指名。

なんと、キスまでしてアピール。久保田覚も対戦を承諾して、本戦対決が決定しました。

久保田覚 vs まさお

さらに、モテ系のTikTokerのが乱入。同じくイケメン系の咲人を指名し、見事対戦が決定しました。

咲人 vs Rin

なんと、ブレイキングダウンの有名選手が強盗傷害事件を起こしてしまいました。詳しい記事はこちらをご覧ください。

K group(ライト級)

朝倉海のメンバーのサイトウ君は、第一回の出場予定でしたが、ボディービルの大会と予定がかぶり棄権していたんです。その時の対戦相手がゲンキでした。

ゲンキは別グループでしたが、サイトウ君を指名していたため、その場で対戦が決定しました。

サイトウ vs ゲンキ

ちなみにこのゲンキは、日本一のナンパ師、だそうです。

池水達也は22戦19勝の元プロボクサー。西谷大成を指名して、なんと寝技なしで対戦が決定しました。ちなにみ西谷大成は寝技のチャンピオンですね。

西谷大成 vs 池水達也

L group(ウエルター・ミドル級)

L groupは、まずはこのSATORUですね。

曰く、瓜田純士をボコボコンにしたバン仲村をケンカバトルロワイヤルでボコボコにしたそうです。

その時の様子がこちら。

ケンカバトルロワイヤル決勝でバン仲村をボコボコにしたSATORU

このSATORUとは、ポーランドの刺客が名乗りを上げて、対戦がきまりました。

、ポーランドの刺客 vs SATOR

ひな壇の残りは、2名となりました。

チョンツーウェイと です。

この二人の対戦カードは、スパーリングで決めることに。

元プロボクサーの坂田壮亮は、地下格闘技にも参加する強者です。対する港遊虎は、柔道日本3位、ブラジリアン柔術とMMAの経験者です。

坂田壮亮が勝利し、チョンツーウェイとの対戦を決めました。

チョンツーウェイ vs 坂田壮亮

続いては、の対戦相手を決めるスパーリングです。

ここで注目したいのが、秀虎です。アウトサイダーのレジェンドの一人で、なんと啓之介を倒したことがあるくらいなんです。瓜田純士も「こいつ強いです」と太鼓判を押すほど。

スパーリングの相手は、須藤力也。元格闘家のホストです。
勝負は僅差でしたが、秀虎が勝利し、川島悠汰の対戦が決定しました。
川島悠汰 vs 秀虎

M group(ヘビー級)

M groupは、4名が参加。スパーリングで対決を決めることになりましたが、結果は配信されず、本戦までのお楽しみの様です。

group外(バン仲村 VS )

最後にバン仲村が動きました。

実は前回の5回大会で瓜田純士との対決が決まっていたにもかかわらず、運営サイドからの一方的な中止に腹を立てていたバン仲村が、ブレイキングダウンの主催者であるYUGOに対決を申し込みました。

実は、バン仲村は先ほどのSATORUが優勝したケンカバトルロワイヤルの主催者でもあるんです。

それに、答えたYUGOからの提案で

  • 1分無制限
  • 負けた方がが1000万円支払う

の条件をバン仲村が快諾して、決戦が決まりました。

YUGO vs バン仲村
YUGO vs バン仲村

ブレイキングダウン6オーデション第4回配信分(10月22日)

I group(フェザー級)

ここはイロモノが集まったようですね。

その中でも、特に元気がいいのが。

何でも、6年前にコンビニのおでんをツンツンして逮捕された前科があるんですね。

それが、いきなり10人ニキ、瓜田と喧嘩をふっかけ、最後にこめおに、口に頬張った卵を吹き出し、乱闘に。

結局、本線に切符をめぐり、4人のスパーリングが行われることになりました。

なんと、前代未聞の450人いっぺんにスパーリングです

その結果、比喜ケンジローとヨシヒロが勝ち、なんとひな壇にいた平石光一、醤油ニキ兄弟との4人マッチが決定しました。これは実物ですね。

ブレイキングダウン6オーデション第3回配信分(10月20日)

F group(アウトサイダー軍団 VS ブレイキングダウン軍団)

10月20日はFgroupの配信からスタートです。

なんと、あのアウトサイダーのスター選手のオーデションです。

今回は、A~Egroupと明らかに違う空気が会場を包みました。

ブレイキングダウン6オーデション第3回配信分(10月20日)
勢ぞろいしたOUT SIDERの面々
勢ぞろいしたOUT SIDERの面々

では、そのOUT SIDERのオーデション出場者はこちらです。

なんと最後の樋口武大選手は、あの朝倉未来と対戦し、1勝1敗の強豪でした。

ここで、この樋口武大選手がひな弾に喧嘩を売りましたね。

樋口武大

前列雑魚ばっかじゃねえか。10秒あれば全員決められるんで。

その挑発に乗ったのは、勾配ニキでした。

ブレイキングダウン6オーデション第3回配信分(10月20日)にらみ合う樋口武大vs勾配ニキ

にらみ合う2人。そして、今回1回目の乱闘が始まりました。

ブレイキングダウン6オーデション第3回配信分(10月20日)にらみ合う樋口武大vs勾配ニキ

抑え込まれる樋口武大選手ですが、すでに勾配ニキの腕を決めていました。

これで、本大会初の10秒寝技ルール適用の本戦が決定したんです。

その直後に、今度はひな壇側からジョリーが、OUT SIDER側の萩原裕介に噛みつきました。

「おれ、そっち側(OUT SIDER)に入りたい」というジョリーに、萩原裕介が「お前じゃ無理だよ」と返し、2人の本戦が決定しました。

ここで、朝倉未来が動きました。吉永啓之輔に対して

朝倉未来

吉永啓之輔さん、飯田さんどうですか?

この問いかけに、吉永啓之輔も答え、飯田将成との体重さがありながら、吉永啓之輔の提案で間をとって75kgで勝負することが決まりました。これはしびれる一戦ですね。

さらに、立て続けに黒石高大 VS こめお

高垣勇二vs山川そうきの本戦が決定しました。

さて、10月22日、いよいよ女子のオーデションが配信されました。

今回は、へずまの嫁にその元カノ、坂口杏里などヤバい連中で乱闘騒ぎ続出でした。詳しい記事をこちらをご覧ください。

G groupフェザー級(たく VS 後藤祐樹本戦対決決定)

G groupは一瞬で対戦相手が決定しました。

自己紹介で、いきなり裸で踊りだしたたくに対して、後藤祐樹が答え、本戦対決決定です。

H groupフェザー級(VS本戦対決決定!)

こちらも、殴られ屋KENJI VS 山本隆寛の本戦対決が決定しました。

ブレイキングダウン6オーデション第2回配信分(10月18日)

10月18日は、C group(過去出場者枠)の配信からスタートです。

冒頭からいきなり大乱闘でしたよ!

C groupバンタム級(べーやんVSかまるが本戦対決決定!)

まずは、第5.5回の出場者パキスタンのかまるが、ボクシング世界3位のほっさに噛みついたことを巡り、てると大乱闘に。

冒頭いきなり”かまる”が”にた”に飛び蹴り!

続いて、C group以外のステージ裏で控えていた第5.5回出場の行虎(69ニキ)が、突然乱入、こちら第4回出場の後藤祐樹に「おっ、エリートじゃん」と頬にビンタを入れたんです!

後藤祐樹にチョークスリーバーを決めらた行虎

これに後藤祐樹は、黙って立つと、瞬間的に行虎にチョークスリーパーを決め、落ちる寸前で→周囲に抑えられる、難を逃れました。

「こめおの次はおまえだよ」と息巻く行虎

ここので運営サイドから、4,5.5参戦の山岡彬夢VSべーやん、かまるVS行虎の対戦が決まりました。この中から本戦対決が決定します。

べーやんに押される山本彬夢
かまるVS行虎

試合の結果、本戦でべーやんVSかまるの対戦が決定しました。

D groupバンタム級(10人ニキVS青汁王子本戦決定!)

D groupでは、いきなり10人ニキが、三崎優太に宣戦布告したんです。

YouTuberの平川将宏が青汁王子こと三崎優太とやりたい、と話した途端、10人ニキが

10人ニキ

「青汁王子とは俺がやるから!」

と戦線布告。これに朝倉未来がのっかって、本戦対決が決定しました。

さらに、TikTokerのたいてぃんと志築功がリング場で戦いたいとアピール、試合は志築功が勝ちましたが、本戦出場は持ち越しとなりました。

E groupバンタム級(本戦決定!)

E groupでは、大きな乱闘もなく、あっさり本戦での対戦が決まりました。

としぞうの方が、ジョーブログのYouTubeに対する情熱を絶賛、それを聞いていた朝倉未来が本戦での対決を即決しました。

ブレイキングダウン6オーデション第1回配信分(10月16日)

まずはA groupバンタム級 のグループからいきなり大乱闘が起きましたね。

ブレイキングダウン6いきなり瓜田純士選手との大乱闘
いきなり瓜田純士選手との大乱闘

入場するなり、ホストクラブ経営の高杉昌吾(ボクシング歴3年)がひな壇に座る元“アウトローのカリスマ”瓜田純士に襲い掛かった。「何だこら!」「墨だけ野郎が!」と一触即発に。

ENCOUNT2022.10.16

さあ、これがブレイキングダウンのオーデションですよね。では、10月17日に行われたA、Bgroupについて、ご紹介していきます。

A groupバンタム級(富澤大智が本戦決定!)

Agroupでは、いきなり元K-1ファイターの富澤大智選手がヒロヤ(総合格闘家)に喧嘩を売ったことをきっかけにヒロヤの対戦相手を巡って、4人がリングに!

ブレイキングダウン6オーデション富澤大智対覇留樹
富澤大智VS覇留樹
ブレイキングダウン6オーデション藤田寿大VS藤井悠矢
藤田寿大VS藤井悠矢

結果、元K-1ファイターの富澤大智選手が対戦相手に選ばれました。

ブレイキングダウン6オーデション試合決定直後の2人
試合決定直後の2人

富澤大智選手は、試合直後に

富澤大智

『格闘技をやってないやつらが気に食わないんですよ。俺は格闘家の新時代を作りたいんです!」

と語った富澤大智選手。ブレイキングダウン6以外でも頭角を表していきそうなん選手がでてきました。朝倉未来選手も「面白いね」と称賛していました。

B groupバンタム級(山本隆寛が本戦決定!)

B groupでも、いきなりひな壇をかけた大波乱が起きました!

レイキングダウン6!オーデション出場者山本隆寛
山本隆寛

なんと、大5回出場の山本隆寛選手が、モハン・ドラゴン選手を対戦相手に指名すると、その場でひな壇の椅子をかけて対決が始まったんです!

結果、山本隆寛選手の勝利。自ら本戦の切符を手にし、対戦相手を選ぶ立場になりました。

その他のオーデションB group(バンタム級)の出場選手です。

【速報】ブレイキングダウン6!オーデションから対戦カード決定

ブレイキングダウン6対戦カード
  • 富澤大智 VS ヒロヤ
  • べーやん VS かまる
  • 10人ニキ VS 三崎優太(青汁王子)
  • としぞう VS ジョーブログ
  • 樋口武大vs勾配ニキ
  • ジョリーVS萩原裕介
  • 啓之輔 vs 飯田将成
  • 黒石高大 VS こめお
  • 高垣勇二vs山川そうき
  • たく VS 後藤祐樹
  • 殴られ屋KENJI VS 山本隆寛
  • 喜ケンジローとヨシヒロ兄弟 VS 平石光一、醤油ニキ兄弟
  • 吉田たくや vs エドワード・勇治
  • 佐々木大 vs てる
  • 瓜田純士 vs 梵頭
  • 久保田覚 vs まさお
  • 咲人 vs Rin
  • サイトウ vs ゲンキ
  • 西谷大成 vs 池水達也
  • ポーランドの刺客 vs SATORU
  • チョンツーウェイ vs 坂田壮亮
  • 川島悠汰 vs 秀虎
  • YUGO vs バン仲村

対戦カードが決定した出場選手の詳しい情報は、こちらの記事をご覧ください。

ブレイキングダウン6!オーデション出場者(ひな壇)

では、まずは気になるブレイキングダウン1~5までの出場経験のある参加者からご紹介していきます。

オーデション当日の画像がありましたので、そちらから。

ブレイキングダウン6オーデション出場者まとめ!過去最高にヤバかった!
ブレイキングダウン6オーデションひな壇

このひな壇に座っているメンバーは、最強のブレイキングダウンメンバーですよね。

過去の勝敗も合わせてどうぞ。

最強のブレイキングダウンひな壇出場者
  • 飯田将成(第5回:にっけん君にKO勝)
  • 瓜田純士(第5回:平石光一に判定負け
  • 青汁王子(第4回:久保田覚に判定負け)
  • 川島悠汰(第5回:ごうけつにKO勝ち)
  • 勾配ニキ(第5回:宮島翔に判定負)
  • 後藤祐樹(第4回:りょうちんに判定勝ち)
  • こめお(第5回:べーやんに判定勝ち)
  • 咲人(第5回:山川そうきに判定負け)
  • ジョリー(第5回:チェンツーウェイに判定勝ち)
  • としぞう(第5回:小倉將裕に判定負)
  • てる(第5回:細川貴之に判定勝ち)
  • 西谷大成(第5回:ハイメにKO勝ち
  • 平石光一(第5回:瓜田純士に判定勝ち)
  • モハン・ドラゴン(第5回:啓之輔に判定負
  • 山川そうき(第5回:咲人に判定勝ち)

この中で、特に注目株の選手をピックアップしていきます。

注目出場選手①飯田将成

何と言っても、ブレイキングダウン5で戦列的なデビューを果たした、実力、人気ともにナンバー!ファイターの飯田将成選手ですよね。

ブレイキングダウン6オーデション出場者まとめ!過去最高にヤバかった!

にっけん君と戦ったデビュー戦は、なんと18秒テクニカルノックアウト!朝倉未来が「本物の強さっすね」と、その実力は折り紙つきです。

そんな飯田選手ですが、元暴走族早朝、肩から腕にかけての入れ墨、元ボクシング日本ランカー、その後の資格無期限停止など、話題満載の選手でもあります。

ブレイキングダウン6が楽しみですね。

飯田将成選手のプライベート動画をまとめてみました。こちらでどうぞ。

注目出場選手②こめお

ブレイキングダウン6オーデション出場者まとめ!過去最高にヤバかった!

丸刈りで、その厳つい目つきで悪役キャラのこめお選手です。

Twitterでも、

こめお

「ようやくわかった? 俺が圧倒的主役なのよ」

と悪態をついていますが、実はいいやつかも。

この目つきでなんと料理人。

この「こめお」というニックネームも、ごはんソムリエの資格を取得しているからなんです。

ブレイキングダウン6オーデション出場者まとめ!過去最高にヤバかった!

さて、ブレイキングダウン6のオーデションでは、どんな乱闘騒ぎを見せてくれるんでしょうか。

では、初出場者をご紹介する前に、関連記事をお楽しみください。

ブレイキングダウン6!オーデション出場者(初出場者)

ここからは、ブレイキングダウン6のオーデションに初出場する選手をまとめていきます。

格闘技経験者からキャラのみ参加者まで、百花騒乱ですね。

煉獄(レンタル)コロアキ

鬼滅の刃の物まねでバラエティーに出演している煉獄(レンタル)コロアキさんです。

動画でもわかる通り、各胴着経験なし、センスもイマイチ。

ただ、煉獄の意匠でオーデションに参加するかどうか楽しみですね。

八須拳太郎

八須さんは、パワーリフティング出身で、日本選手権大会74kg級で1位を獲得したことのある実力派です。

しゅーほー

しゅーほーさんは、ボクシング選手ですね。

国籍は韓国の様です。

瀬奈カルロス

こちらの瀬奈カルロスさんもホストのようですね。

そらまるさんと同じシンスユーグループのホストクラブに所属です。

森戸賢成

この方は、キックボクシングジムの所属されていますね。格闘技歴ありですね。

学芸大学にあるジムのメイントレーナーのようです。

山本秀

特に情報はないんですが、この方、ブレイキングダウン6に参加した他の出場者をリツイートしている情報通のようです。

ジョリー

ジョリーさんも格闘歴がある方で、今までの戦績は11戦10勝1敗。かなり期待できそうですね。

森川雄樹

久保田覚さんは、

森川雄樹さんは、なんと当日寝坊してブレイキングダウン6のオーデションには参加できなかったそうです。残念でしたね。

藤田寿大

これには、驚きましたね。保育園の先生にしては厳つい風貌ですよね。

これには、朝倉海も白川陸斗も「えっ?!」となりました。

朝倉海

「あの見た目で?保育園クビにならないですかね」

と逆に心配していました。

サラ久保チャンネルのサラ兄

サラ兄

ブレイキングダウンのバカな輩どもを、ボコボコにしてやりたいと思ってる

白川陸斗

オーデションでどんな感じでやってくれるか見てみたい

冨沢大智

この冨沢大智は、元々、K-1のリングで格闘家として戦っていたようですね。

冨沢大智

「格闘家としてもう1回リングに立ちたいです」

どこにも居場所がなく、戦う場所さえないようです。

このシャドーボクシングの動画を見て、白川陸斗は

白川陸斗

「かなり気になりますね、彼は」

と興味を示しています。

ブレイキングダウン6!オーデション出場者一覧

では、こちららがオーデション出場者と本戦参加決定出場者の一覧です。

確定し次第、更新していきます。

出場者格闘技歴ほか
富澤大智(初)元K-1ファイター
ヒロヤ(初)総合格闘家(DEEP出場)
べーやん
かまる
10人ニキ
三崎優太(青汁王子)
しぞう
ジョーブログ(初)
樋口武大(初)
勾配ニキ
ジョリー(初)
萩原裕介
啓之輔
飯田将成
高垣勇二
山川そうき
たく
後藤祐樹
殴られ屋KENJI (初)
山本隆(初)
喜ケンジローとヨシヒロ兄弟(初)
平石光一、醤油ニキ兄弟
吉田たくや
エドワード・勇治(初)
佐々木大(初)
てる
瓜田純士
梵頭(初)
久保田覚
まさお(初)
咲人
Rin(初)
サイトウ(初)
ゲンキ(初)
西谷大成
池水達也(初)
ポーランドの刺客
SATORU(初)
チョンツーウェイ
坂田壮亮(初)
川島悠汰
秀虎(初)
YUGO
バン仲村

さて、いかがでしたでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。